コラム

ちょっと知っておきたいことや、季節毎の税金にまつわる話など税の豆知識的にまとめてみました。今後、更新予定です。

扶養になれるのはいくらまで?

■パートやアルバイトなど給与収入のみなら年間合計で1,030,000円まで■

扶養というとまず思いつくのは税法上の扶養ですが、実際には健康保険証上の扶養や会社によっては扶養手当の問題も発生しますので注意が必要です。

ここでは、税法上の扶養について説明します。
所得税法で扶養親族とは「生計を一つにする者で合計所得金額が38万円以下の者」と規定されています。
ここでいう合計所得というのは、収入から経費などを引いた各種所得の合計金額です。土地を売った場合の特別控除は該当になりませんのでご注意ください。

給与収入のみの場合は給与所得控除65万円を引いた残りが38万円以下という意味なので収入では1,030,000円となるわけです。
別居している学生さんなどアルバイト収入がある方は年間収入が超えないように気をつけてください。

申告がまちがったどうしたらいい?

■税務署から連絡がある前に手続きをしてしまいましょう■

3月に提出した申告書を確認していたら収入がもれていた、なんてことがわかったら、早急に修正申告書を提出します。
税務署から間違っているとの連絡が来る前に提出すれば、過少申告加算税はかかりませんし、延滞税も計算して1,000円以下であれば納付する必要がありませんので、納め不足の税金だけの負担で済みます。

税金を納めすぎの場合は「更正の請求書」を提出します。
更正の請求書は、まちがった理由がわかる書類をつけて提出します。
決算書の内容が間違っていた場合には、更正の請求書の内容を確認するために、税務署の担当者が事業所に来て確認する場合もあります。
 
更正の請求書を提出し、その申請内容が認められると、約3ヶ月ほどで更正の通知書が税務署から送られてきます。その翌月くらいに、指定した口座に納めすぎの税金が振り込まれます。

重加算税ってどんなときにかかるの?

■税務調査で隠ぺい仮装とされたときです■

税務調査によって、故意に納める税金を少なくしていると判断された場合、その対象税額分が重加算税対象になります。

外貨建て預金と確定申告(為替差益)

■円高を機会に外貨建て預金を始めたいのだが・・・■

最近の円は極端に高い状況です。また、日本の利率は諸外国に比較して大変安いことから、この機会を利用して、安い外貨を買って外貨建ての定期預金にすれば、日本より高い利息の定期預金を安く始められ、円の為替レートが安くなった時に満期を迎えられれば、高い利子をもらえるほかに、為替差益でも儲けることができるというメリットがあります。

満期になったときの為替差益は雑所得になりますので「確定申告が必要」です。しかし、サラリーマンで、確定申告が不要の方は、差益が20万円以下であれば、確定申告を省略することができます。一方、満期時にさらに円高が進み、為替差損が発生した場合、その損失額は他の雑所得としか通算できませんので、注意が必要です。
なお、受け取り利息は源泉徴収されてしまうので、確定申告は不要です。

さて、外貨建ての場合、毎日、ニュースで報じられている為替レートはTTMといって、中値です。皆さんが、外国通貨を購入する場合には、TTSが適用になります。また、満期になって円に戻す時にはTTBが適用になります。
皆さんがご利用の金融機関によってTTMとTTSやTTBとの差額は異なりますが、一般には1円の差額が多いようです。
(為替差益の計算例)
外貨購入時の対ドルレートTTMが95円だとして、1万ドルの定期預金をする場合にはTTSが96円となるので、96万円の支払が必要です。
満期時の対ドルレートが110円だったとすると、1万ドルの定期を円に替えるとTTSは109円となるので、109万円の元本となります。したがって、定期を作った時の元本金額との差額15万円が為替差益となります。

お問い合わせはこちら